スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
競輪場での応援!?
ブログを見てくださっている皆さんこんにちは(^O^)/

また、大津びわこ競輪場は雨が降ってきたみたいですね!
選手もいやだろうけど、お客様のほうが大変だと思います。
風邪などひかないように気を付けて下さいね!

今日は、自分が競輪場で言われた又は聞いた面白い・へコンダ《応援》・《厳しい応援?》など書いていきましょうか!

まずは、面白いやつから・・・
だいぶ前の高松宮杯でのこと、その時は、一次予選で秋田の加藤忍選手と走った時、スタートラインで一礼するときに、目の前のお客様がずっと
『かとちゃんぺっ・かとちゃんぺっ!』
と鼻の下指先を付けて連呼してました。
あの時は、8人全員肩をふるわせていました!
1人を除いては・・・・ そう、加藤選手を除いては・・・・
その時は、加藤さん、耳が真っ赤でしたね!
選手は、何を言われても言い返せませんから!

次は、自分ネタで!
やはり発走機で一番選手から1人づつ厳しい応援を言っていたお客様が九番車の自分の番になったら
『お前は・・・いいや!』
それは、ないでしょ!
危なく、転びそうになりました。結構期待してたのに!

もう一つ。
やはり、発走機上で、自分に一言!
『かねこ~~相撲とり!』うわ~きっち~と思ったらどう見ても俺より太め!
太いというよりでかい!
そのお客様は案の定周りのお客様に突っ込み入れられてましたけど・・・
レース終わって走った選手からからかわれて大変でした。
『大相撲からのスカウトじゃないよね?』
その夜は、宿舎で腹筋してました(T_T)

次は、ヘコンダやつ!
これもだいぶ前の事ですがお正月開催でけっこう印がついていて人気になっていて三着になってしまったとき(まだ、その時は三連単はありません)さっきまで
『かねこ~~がんばれ!』
って大きな声で応援していてくれたのに・・・
ゴールしたら
『かねこ~~落とし玉返せ~』
って、ガックリきましたね(T_T)
それも、ずーとですよ!
周りのお客様も
『かねこ~落とし玉返してやれ!』
ですから、へこみました。
自分も心の中で
『ごめんな~、返せるものなら返してあげたいよ!』
でも、後から考えたら
『子供は車券買っちゃだめじゃん?』
って気が付きました!
その時の子供も今頃、立派な競輪ファンになってればいいな~。

そんな、こんなで競輪場には、いろいろなドラマがあります。

皆さんのホームバンクの競輪場では面白い応援など聞いたことはないですか?
ありましたら、ぜひ、教えて下さいね!(^O^)/
コメント
この記事へのコメント
くま さんへ
いつも、コメントありがとうございます。

たまには、競輪場で、大声でお気に入りの選手を応援してみるのもストレス解消になり、気持ち良さそう!
選手もそれを聞いてがんばりますからね!

これからも、どうぞよろしくお願いします。m(__)m
金古将人
2008/06/03(火) 10:43:44 | URL | #-[ 編集]
どんべえ さんへ
コメントありがとうございます。

そーですか!
岐阜競輪のS級戦での優勝したときが
初めて車券当たったんですか!
自分も、その時の岐阜のことは、覚えてますよ。
これからも、応援よろしくお願いします。
金古将人
2008/06/03(火) 10:38:22 | URL | #-[ 編集]
あはは:*:・( ̄▽ ̄)・:*:
うんうん、競輪場(特にゴール前の金網近く)にいると、
いろいろなヤジが聞こえてきて、思わず苦笑い(´ヘ`;)することもしばしば・・・。

個人的に私は「ヤジ」と「応援」は違うと思っているので、
ヤジはあまり気分いいものではないですが、
時には選手の方々も肩を震わせてしまうようなこともあると知り、ちょっと一安心?!

最近はなかなか大声を出して応援することは無かったのですが、
大きいレースが地元に来たら、大声で応援したいと思います(*^▽^*)//
2008/06/02(月) 22:54:46 | URL | くま #TttuswVQ[ 編集]
はじめまして!
ブログ楽しく拝見しております。初めて車券を取ったのは95年(だったかな?)の岐阜競輪S級決勝戦、金古選手の優勝でした。当時大学生だった私はこのレースで競輪に魅了され、金古選手のファンになりました。
私のホーム名古屋、一宮、岐阜、大垣、四日市に出走する時は現場まで応援に行きます。
お身体には気をつけて頑張って下さい!
2008/06/02(月) 20:11:57 | URL | どんべえ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。